【J2】J1参入プレーオフが面白い!入れ替え戦のルールは?

J2には、三浦知良選手、W杯で活躍した松井大輔選手や田中マルクス闘莉王選手、大黒将志選手など元日本代表の選手が多数在籍するなど

J2には一流の選手がたくさんいます。

今年1月のアジアカップ2019に出場した槙野智章選手や乾貴士選手など、日本代表の23人中13人がJ2の経験者ですし、香川選手も日本でのキャリアをほぼJ2で過ごしています。

普段J2リーグを見ない方でも、このJ1参入プレーオフだけみても楽しめる!J1参入プレーオフが面白い!

ということで今回は、J2とJ1の入れ替え戦。J1参入プレーオフのルールは?についてまとめてみました。

Sponsored Link

J2のチーム数は?

Jリーグには39都道府県55チームが参加しています。

チームの実力で分けられた、
J1:18チーム
J2:22チーム
J3:15チーム

3つのカテゴリーでリーグ戦が行われています。

現在J2には、キングカズこと三浦知良選手、W杯で活躍した松井大輔選手や田中マルクス闘莉王選手、大黒将志選手

そして玉田圭司選手、前田遼一選手など

元日本代表の選手が多数在籍するなどJ2には一流の選手がたくさんいます

今年1月のアジアカップ2019に出場した槙野智章選手や乾貴士選手など、日本代表の23人中13人がJ2の経験者ですし、香川選手も日本でのキャリアをほぼJ2で過ごしています。

J1とJ2の実力差も縮まってきており、

1993年Jリーグ開幕時から参加しているクラブ
ヴェルディ川崎、横浜マリノス、名古屋グランパス、ガンバ大阪、ジェフユナイテッド市原、浦和レッズ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、横浜フリューゲルス(チーム名は当時のもの)

のオリジナル10のなかでもJ2を経験していないのは横浜マリノスと鹿島アントラーズの2チームだけとなっています。

Sponsored Link

関連記事:【J2】J1との違いは何?待遇、収入や移動、ユニフォーム?!

J2とJ1の入れ替え戦!ルールは?

J1の18チームとJ2の22チーム

この2つのリーグは毎年成績によって3チームが入れ替わります。

まずはJ1リーグの17位と18位がJ2に自動降格し、J2の上位1位と2位はJ1に自動昇格します。

さらに最後のひと枠をかけて、

J1リーグの16位のチームは、J2リーグの3位、4位、5位、6位の4チームとのプレーオフにまわります。

それがJ1参入プレーオフです。

J1の残留か昇格をかけて

J2リーグの3位~6位までの4チームによるトーナメント(3位vs6位、4位vs5位)で勝ち上がった1チームがJ1リーグ16位の対戦相手となり、

この戦いに勝利したチームが次のシーズンはJ1で戦う権利があるのです。

J2、参入プレーオフが面白い

2018年のJ1リーグの順位でみると

16位:ジュビロ磐田(プレーオフ)
17位:柏レイソル(自動降格)
18位:V・ファーレン長崎(自動降格)

2018年のJ2リーグの順位は

1位:松本山雅FC(自動昇格)
2位:大分トリニータ(自動昇格)
3位:横浜FC(プレーオフ)
4位:FC町田ゼルビア(プレーオフ)
5位:大宮アルディージャ(プレーオフ)
6位:東京ヴェルディ(プレーオフ)

となりましたが、J2の4位だったFC町田ゼルビアはJ1参加のライセンスがない(スタジアムや練習場などの条件を満たせず)ので、参加できません。

2018年のJ1参入プレーオフは、

J2の5位vs6位の勝者とJ2の3位が対戦し、その勝者がJ1の16位と対決するという組み合わせのトーナメントとなりました。

普段J2リーグを見ない方でも、このJ1参入プレーオフだけみても楽しめるのではないでしょうか。

2018年のJ1参入プレーオフで説明

2018年シーズンのJ1参入プレーオフで説明します。

1回戦はJ2の5位「大宮アルディージャ」vsJ2の6位「東京ヴェルディ」でした。

大宮アルディージャには、昨シーズンJ2得点王の大前元紀選手がいますね。

年間順位で上回る大宮は、引き分け以上であれば勝利が確定します。

しかし後半26分に、セットプレーからまさかの失点しそのまま1-0で試合終了。

2年ぶりのJ1昇格とはならず1回戦敗退となりました。

2回戦はJ2の3位「横浜FC」vs「東京ヴェルディ」

こちらも年間順位で上回る横浜FCが引き分け以上であれば勝利となります。

試合はスコアレスでゲーム終盤まで進み、0対0のまま後半アディショナルタイムに突入。

このまま横浜FCが勝ち上がるかと思われたが、

後半のアディショナルタイム残り4分、勝つしかない東京ヴェルディは、全員がゴール前まであがりました。

コーナーキックから東京ヴェルディに得点を決められてしまいます。しかも頭を合わせたのは相手キーパー。

ナイスセーブされるものの、こぼれ球をおしこまれ失点。

結果は横浜FCも2回戦敗退となりました。

大宮と横浜を破りプレーオフ決定戦に進んだのは、Jリーグ初代王者であり11年ぶりのJ1昇格を狙う「東京ヴェルディ」

J2の6位だったヴェルディがこのまま下剋上をおこすかと思われたが、2-0でジュビロ磐田に完敗。J1にあがることはできませんでした。

結果、J1の16位だった「ジュビロ磐田」がJ1残留を決めました。

ということで「【J2】J1参入プレーオフが面白い!入れ替え戦のルールは?」についてでした。

J2のプレーオフが熱い!おもしろい!

Sponsored Link