吉田麻也の年俸推移!サウサンプトンへの移籍金はいくら?成績も!

森保ジャパンの第2弾となる日本代表チームのキャプテンを任された吉田麻也選手。

現在は、イングランドのサウサンプトンに所属しています。

そんな今回は、

・吉田麻也の年俸推移は?
・吉田麻也、サウサンプトンへの移籍金はいくら?
・吉田麻也のプロフィールや成績!

などについて調べてみました。

Sponsored Link

吉田麻也のプロフィール

吉田 麻也(よしだ まや)・1988年8月24日生まれ

・長崎県長崎市出身

・身長189cm

・体重85kg

・ポジション:DF

・利き足:右足

小学2年生の時に地元の長崎市にある南陵FCでサッカーを始めた吉田麻也選手。

小学6年生のときに兄が見つけた名古屋グランパスのユースセレクションを受験し合格したため、愛知県みよし市に移住しました。

家族だけでなく吉田選手自身も合格すると思っていなかったようです。

それも70人の受験者のなか、合格者は吉田自身をいれた4人だけ!

当時からサッカーが上手かったのでしょうね。

そして吉田選手は親元を離れて入団したようです。

親の決断も凄いですね。

そんな親の期待に応えるためか、吉田選手も中学入学以降、ファーストフードや炭酸飲料などを避けているんだとか。

体のケアのために中学生から実行するなんて、凄すぎます!

その後は吉田選手は、豊田高校の普通科へ進学。在学中にユース(U-18)の日本代表に選ばれました。

そのため、有名になり女子たちから大変モテていたんだそうですよ。

この時代からキャプテンを務めていて、チームの要となる存在でした。

ま、そうなりますよね(*´ω`*)

同じ高校に期待されている人がいたらテンション上がりますもんw

そして2007年にはトップチームに昇格。2007年の高校卒業後には早稲田大学人間科学部通信課程に入学しています。

Sponsored Link

関連記事:

吉田麻也の兄弟の名前は吉田穂波?年齢や職業は?父など家族構成は?

吉田麻也の嫁(横田典子?みく?)画像は!子供の名前や年齢は!?

吉田麻也の年俸推移!

吉田麻也選手!気になる年俸推移(推定)についても調べてみました。

名古屋グランパス

・2007年 360万円

・2008年 800万円

・2009年 1600万円

VVVフェンロ―

・2010年 1億円

・2011年 1億円

サウサンプトン

・2012年 3億円

・2013年 3億円

・2014年 3億円

・2015年 3億9000万円

・2016年 3億9000万円

・2017年 3億9000万円

・2018年 3億9000万円

吉田選手は、プロ2年目の2008年では年俸が一気に倍になりましたね!3年目でもさらに倍!

期待されていたことが分かります(*´ω`*)

VVVフェンロ―での年俸が1億円になり、サウサンプトンでの年俸が3億円と跳ね上がっていることに驚きました!

サウサンプトンへの移籍金はいくら?

2012年から現在までイングランド・サウサンプトンに所属している吉田麻也選手ですが、移籍金はいくらだったのかについても見ていきましょう。

完全移籍となったのが2012年8月30日のこと。

当時は「ミラー」や「サン」など複数のイギリス紙が報じていました。

吉田麻也選手のサウサンプトンへの移籍金は公開されていませんが、「ミラー」では、移籍金は200万ポンド(約2億5000万円)を準備していると伝えられていました。

また、VVVフェンロー側が

「(吉田は)イングランドから高い評価を受けている。いくつかのプレミアのクラブから、大きな関心を持たれているよ」

とコメントしていたことから、サウサンプトンのほかに、ニューカッスルやエヴァートン、ストーク、フルアムといったプレミアのクラブが獲得に興味を示していたようです。

ロシアワールドカップ後にはサウジアラビアの強豪クラブ「アル・ヒル」に電撃移籍もうわさされましたが、違ったようですね。

それほど吉田麻也選手の実力が高く評価されているということでしょう(*´ω`*)

吉田麻也のクラブ歴や成績

・2007-2009年 名古屋グランパス

名古屋グランパスの下部組織で育った吉田麻也選手。

第9節の大分トリニータ戦で初出場を果たしました。2007年シーズンはリーグ戦19試合に出場しました。

2008年シーズンは、センターバックのレギュラーとしてチームを支えた吉田選手。

北京五輪でチームを留守にし一時的にレギュラーから外れたものの、リーグ戦22試合に出場し1得点も決めました。

初得点となったのは、第22節の鹿島アントラーズ戦。

シーズン終盤には、チームの決定的不足を補うために前線に配置されることもありました。

2009年シーズンは、リーグ戦30試合に出場し4得点をあげるなど活躍。

・2010-2012年 VVVフェンロー

オランダのVVVフェンロ―へ完全移籍した吉田麻也選手。

1月10日の練習試合で左足首を骨折し、09-10シーズンは出場機会がありませんでした。

オランダでのデビュー戦は、2010年10月30日に行われたFCフローニンゲン戦の後半途中から出場。試合では初アシストを記録しました。

ですがレギュラーに定着できずに20試合の出場に終わります。

2011年9月11日のリーグ第5節のPSVアイントホーフェン戦ではゴールを決めました!

豪快なジャンピングボレーで一時勝ち越しとなるゴール!

これは、オランダのサッカー番組「スタディオ・スポルト」の視聴者投票でシーズンベストゴール第1位となったほどです。

このゴールは、本当にきれいにスポッと決めてました(*´ω`*)

2011年シーズンは、初めてレギュラーとしてプレーした吉田麻也選手。チーム2位の5得点もあげるなどの活躍でした。

・2012―現在 サウサンプトン

2012年8月30日にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFCへ完全移籍。

プレミアリーグ初出場は、9月15日のアーセナル戦でした。その後もシーズン通してレギュラーとして活躍しました。

2013年1月30日のプレミアリーグ第24節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、プレミアリーグ史上初の日本人対決が実現!香川真司選手ともに先発出場しています。

2014年2月22日のプレミアリーグ第27節のウェストハム戦にフル出場し、リーグ戦初ゴールを決めましたが、2013-14シーズンは、開幕からリーグ戦の出場機会に恵まれませんでした。

また、同年3月には再び練習中に左ひざ靭帯を損傷し離脱。シーズン中の復帰はできずに終わります。

2014-15シーズンや2015-16シーズンは、サイドバックでの起用も増えていきます。本職ではないセンターバックでの試合出場の機会は少なくなったものの、前向きだった吉田選手。

2016-17シーズンは、移籍や長期離脱などがありチームの環境が大きく変わり吉田選手がスタメンに定着します。

初得点をあげたり、リヴァプール戦では無失点におさえ高評価を得るなど活躍。また、日本人選手として初のプレミアリーグ100試合出場も達成しました!

2017-18シーズンは、開幕からレギュラーとして活躍。8月にはクラブの月間MVPに選出されています。

またイギリスの月刊サッカー雑誌「フォーフォーツー」が選ぶ開幕10試合時点のプレミアリーグのトップ10選手一覧に8位で名前が入るなど活躍が評価されました。

ということで「吉田麻也の年俸推移!サウサンプトンへの移籍金はいくら?成績も」について調べていきました。

森保ジャパンの第2弾となる日本代表チームのキャプテンを任された吉田麻也選手の活躍に期待しましょう(*´ω`*)

Sponsored Link